積み木

UVコーティングで快適な環境に仕上げる|床の傷つきや汚れをカット

フロアー

住まいを守るコーティング

大切な住まいを守るためのひとつであるフロアコーティングは、失敗しないためにも依頼する業者を良く検討する必要があります。施工実績や技術力、対応するコーティング材の種類など、選ぶ際にはチェックするポイントを押さえておきましょう。

空き部屋

コーティングを施す理由

フロアコーティングはワックスとは異なり、一度施工してしまえば数年から数十年効果を発揮してくれます。自宅の用途に合ったコーティングをすることで建物を美しく保てるだけでなく快適に生活することも可能となるのです。

部屋

多岐にわたるコーティング

床材や用途に合ったフロアコーティングを、できる限り床材がきれいな状態の時に行うことでその状態を長期間維持することが出来ます。床が美しければ家自体の印象がよくなります。施工する人の腕によって仕上がりに大きな差が出るコーティングは、実績のある業者に依頼することで失敗なく行うことが可能です。

紫外線を使うメリット

床

床コーティングの種類

床コーティングとは、床を塗装することによって床への傷つきや、汚れ付きを軽減させるものです。メリットとしては、床を綺麗な状態に保てるというほか、汚れが床内部に染み込みにくくなるので汚れを落としやすくなります。床コーティングにはいくつかの種類がありますが、その中でも増えているのが紫外線を使ったUVコーティングです。通常の塗装では、アクリル、ウレタン、シリコンといった塗料が使われ、これらは塗布したあとに乾燥させる時間が必要になります。そのため、硬化するまでに時間が掛かるので、場合によっては施工時間も長くなる可能性があるのです。一方でUVコーティングは、紫外線によって硬化させるというものです。これにより乾燥させる時間を短縮させることができ、また太陽の紫外線によっても硬化が促進されるので、より強固な塗膜を作ることができます。床コーティングの費用としては、アクリル系がもっとも安価となっています。耐久年数は低いですが、乾燥時間も早いというメリットがあります。現在の主力はウレタンまたはシリコンで、またより強固な塗膜が形成されるガラスコーティングも使われるようになっています。しかし、UVコーティングを除けば、すべて2、3日程度は施工の時間が必要で10年ほどの耐久力があります。一方でUVコーティングは一瞬で硬化させることができます。また、耐久性も20年以上であるため、費用対効果に優れているコーティング方法といえます。