つみ木

紫外線対策!UVコーティングで快適な環境を

多岐にわたるコーティング

部屋

床材との相性の重要性

住宅内部の印象を大きく左右するポイントの一つが、フロアコーティングを施された床材です。玄関ドアを開けた時に床材が美しく輝いていれば住宅は美しく見えます。反対に築年数が経過した住宅の床というのは、コーティングなどで光沢があったとしても床材そのものに小さな傷があり、この小傷によって光沢が減少し家自体に古びた印象を与えてしまいます。コーティング剤は何種類もあり種類によって光の反射の仕方や厚み、特性などが異なります。コーティングと床材には相性があります。この他にも滑り止めや傷の防止など美しく見せる以外にもさまざまな特性を持ったものもあり、用途に合わせて選ぶことで生活の質を向上させることも可能です。フロアコーティングの多くは一度施工すると数年、あるいは数十年性能を維持します。拭き掃除など日常の掃除を行うだけで特別なメンテナンスも不要です。フロアコーティングを行う上で重要なのは業者選びです。材料は同じでも施工する人の腕によって仕上がりが大きく異なります。また、養生の程度などにより施工してから乾くまでの間にほこりが付着してしまい、仕上がりに差が出ることもあります。業者を選ぶ際には価格だけでなく、過去の施工写真を見せてもらうなど施工実績を確認することも大切です。そのうえで施工後の保証についても、どういったケース保証が適用されるかまでしっかり確認しておくことが重要です。保証とうたっていても有償のケースもあるので注意が必要です。施工前に比較検討することで失敗のないフロアコーティングを行うことが可能となります。